HOME>Topics>これは便利!プラスチックカードのメリットがたくさん!

どこでも使われているプラスチックカード

病院の診察券や健康保険証、ポイントカードまで今ではプラスチックカードは当たり前に目にしますし、皆さんも1度は手にしたこともあるかと思います。では、プラスチックカードがどんなシーンで使われているかご紹介したいと思います。

プラスチックカードの使い方

  • 診察券
  • メンバーズカード
  • 認定証・終了証
  • プラスチック名刺
  • カードキー
  • ポイントカード
  • 社員証

これは便利!プラスチックカードのメリットがたくさん!

カード

プラスチックカードとは?

プラスチックカードは、その名の通りプラスチックの素材でできているカードです。紙に比べて強度があり耐久性も上がります。磁気テープやバーコード、ナンバリングなどの加工が施せるので、用途に合わせてカードを作ることができます。プラスチックカードは特殊な加工が必要になるので、自作するのは難しいです。作成を考えている方は、業者へ依頼することをおすすめします。その際には、仕上がりのイメージやカードの用途をしっかりと伝えておきましょう。

プラスチックカードのメリット

カード

耐久性に優れている

プラスチックの強みは何といっても耐久性です。紙に比べ、水に濡れても破けることがありませんし、財布などにしまっていてもボロボロになりにくいので長期間使用できます。

情報管理ができる

プラスチックカードには、バーコードや磁気テープなどの加工を施せるので、様々な機能を取り入れられることができます。ですから顧客情報やポイント管理などの情報管理ができます。そういった点も紙ではできないプラスチックカードのメリットになります。

自由にデザインできる

プラスチックカードは、豊富なデザインを取り入れることが可能です。材質もマットなものから光沢のあるものまで様々な質感のものが選べますし、色の種類もたくさんあります。また、写真も印刷できますから、高級感をだしたいのか、カジュアルに仕上げたいのかを自社のイメージに合わせて作ることができます。

広告募集中