初めての方は業者お願いしよう

名刺は、今は簡単に作ることができます。ですが、初めて名刺を作成するという方は、業者にお願いしましょう。自分で作るのは安く済みますが、プロのような仕上がりにはいきません。こだわりのデザインを駆使したいという方であればなおさらです。自分で作ると、慣れていない方は手間や時間が余計にかかることもありますから、不安な方はプロに任せましょう。

新着情報

営業マン必見!名前を覚えてもらえる工夫をしよう!

取引先に、自分の会社の名前を覚えてもらいたい時は、名刺に加えてステッカーや卓上カレンダーなど覚えてもらいやすい工夫をしましょう。自社名が入っているものであれば、常に目につきますしプラスの効果も狙えます。では、どういった効果があるのか詳しくご説明したいと思います。

ビジネスで知っておきたい!名前を覚えてもらえる工夫!

印刷

卓上カレンダー

卓上カレンダーのメリットは大きいです。社名を入れておけば、常にデスクで目にすることもになりますし、人は良く目にするものに親近感を感じやすくなります。ですから認知度も上がりますので、年末などの挨拶回りに持参したいアイテムの1つです。

ロゴステッカー

自社のロゴステッカーなどがあれば、こちらをステッカーとしてプレゼントしてみても良いかと思います。今はおしゃれなロゴデザインの企業もたくさんありますし、覚えやすいです。名刺にもロゴが入っていれば「あ、ここの企業の社員か!」とわかりやすくなります。またロゴに電話番号を入れるところも多いですから用途に合わせて、ロゴなどのシール印刷を使ってみてください。

顔写真

名前を覚えてもらう工夫の1つとして、名刺に顔写真を載せておくという方法があります。ビジネス上で名刺交換の機会が多い方は、名前と社名だけを見たところで顔を思い出すことが難しいと言えます。ですから、他のビジネスマンと差をつけたい場合は顔写真を載せると覚えてもらえる確率も上がりますし、信頼性も獲得しやすいですよ。

名刺は信頼されるための道具の1つ!デキる人の名刺とは

印刷

名刺の内容は?

名刺は自身の顔と同じです。相手にあなたのことを知ってもらうツールとして使いましょう。その内容はわかりやすいものが良いですから、載せるポイントを押さえておくといいですよ。あなたの氏名、会社名と部署名を記載しましょう。電話番号やメールもあれば載せておくのも忘れないようにしてください。もし、会社のロゴやHPのURLがあればそれも載せておくとわかりやすいかと思います。QRコードなどであれば簡単に読み取るだけなので、相手に配慮した方法かと思います。

CMYK

試してみたい方は無料サービスを利用しよう

名刺作成で初めての方は、名刺無料お試しを利用してみてはいかがでしょうか。初回限定でお試しで印刷をしてくれるところもありますよ。自分で印刷しようか悩んでいる方は、まずは業者にお願いして仕上がりを見て決めても良いかと思います。どんな名刺にしたいか悩んでいる方であれば、無料で紙見本がもらえるところもありますから、探してみてはいかがでしょうか。

広告募集中